トウガラシの害虫・アブラムシ

アブラムシと言えば草花害虫のなかでも最もポピュラーな虫。とにかくどこからか発生して、いつの間にか新芽のあたりにびっちりくっついて養分を吸っている。ごんべ農園では特にトウガラシ(鷹の爪)に集中して繁殖している。
画像

よく観察すると茶系と緑系の色違いのやつや、ジッと動かないものや高速で歩き回るものなど、大から小まで千差万別だ。よくみるとちゃんとひげも付いてて、胴の太いバッタのよう。こいつらが1-2匹付いているくらいなら許せるが1枚の小さな葉に何十匹もたかっている風景はムカつく。
画像

さて、対策として①殺虫剤噴霧 ②枝を振って振り落とす ③とにかく潰す が考えられるが、①はどうも植物に良くないのか新芽が縮む用な気がするし、②は下におっこってもたぶんまた上がってくるので意味ない。というわけでとにかく闇雲に潰すのが一番確実のようだ。ちなみに枝先の芽の部分は指で潰すと新芽まで潰れて取れちゃうので、セロテープを短く切り、軽く虫に当てると気持ちいいほどペタペタくっついてくる。ただしガムテープだと粘着力が強力すぎて葉っぱまでちぎれてくっついてくるので要注意だ。
それにしてもこいつらはどうやって発生したのだろう。農園は2階のベランダのプランターなのに・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック