アスパラガスの栽培 「種から」 -On Going-

【2011年6月初旬】
6月に入ってこれまで3カ所15本ほどアスパラを収穫したところで打ち止めにしました。
あまり調子にのって収穫しすぎると、来年の成長に影響を与えてしまいそうなので、「ちょっと芽の出が悪くなってきたかなぁ?」って感じたところでストップです。
画像
 それまであまりに細い芽は収穫せずに伸ばしていたけど、もう今年はこれ以上やめにしておきます。
普通アスパラは根の固まり買ってきて育てると楽なんだけど、うちは種から育てているので余計時間がかかっています。それでも丸2年、3年目の春にちゃんと収穫できるのだから野菜力は大したもんだ 特にアスパラの成長力は強烈ので、また来年の収穫を期待しましょう

(ちなみに自家製アスパラはめちゃ甘くてうまかった!)



【2011年4月中旬】
今年は暖かくなるのが遅い気がするが、4月に入ってさすがに春らしい気温になり、それとともにツクシンボウの様にアスパラが伸び始めました。
画像

今年は種を蒔いてからいよいよ3年目。収穫しよう でもちょっと油断すると一気に成長するので要注意だ。(ちなみに1週間ほど出張にいっていたら、40cm以上に伸びてしまった。)
画像
15~20cm程度で収穫したアスパラはとても柔らかく味も濃くて美味しい!でも伸びすぎると一気に繊維質が堅くなるので、適時収穫を心がけよう。
でもこれはプランター栽培のせいか、売り物になるような太さのものは10本中2~3本程度で、あとは超細い 味はいいのだが細いと食べ応えがないのが切ないね。年々太くなっていくのかなぁ?確かに去年の芽と比べて太さ3倍なので、これはまだまだ期待できそうだ。
あとはあまり採りすぎないように注意して収穫を楽しもう。



【2010年12月末】
今年も枯れた地上部分を刈り取り、茎の切り口をバーナーで焼いて殺菌し、有機肥料を混ぜた土を被せて冬眠させます。
画像
 あとは冬の間中、土が余り乾燥しないように忘れた頃に水やりをして、来春芽が出るのを待ちます。今度はいよいよ最初の収穫をしてみよう 


【2010年10月下旬】
夏の間、巨大ウコンの森に遮られて、ほとんど存在が忘れ去られていたアスパラ 手間がかからずホッタラケでも勝手に育っていたようである。1プランターに3エリア、1エリアあたり15~18本のアスパラが生えているので、土の中は根でモジャモジャなのであろう
画像

だいぶ土も目減りしてきたので、有機肥料と共にキュウリで使った余りの土を被せる。アスパラはユリ科なので連作に強いから、残土でも平気であろう。この冬超せば3年目。いよいよ来春は収穫かぁ


【2010年5月】
害虫を寄せ付けにくくする共栄植物として今ブームの”コンパニオンプランツ”。今年は無農薬栽培を目指して、唐辛子のアブラムシ除けに良いハーブがないかと探していたら、アスパラガスと相性の良いハーブを見つける。
画像
 それはローズゼラニウムという種で蚊などの害虫を防ぐことはもとより、ハトを寄せ付けない効果もあるそうだ。これは凄いぞ

【2010年4月】
今年もだいぶ緑が生い茂ってきた。だいたい1グループあたり3~6株程度である。それでもまだ新芽が出てくる。一体土の中はどうなっているのであろうか?根詰まりしたら株分けで植え替えると言われるが、まだ2年目なので大丈夫であろう。
画像

そしてよく見ると5mm程度の黄色い花が一面開いている。これも花を付けるものと付けないものがあるようだ。雌株と雄株があるのであろう。花は実を結び種になるようである。
画像


【2010年2月】
今年の野菜畑に備えて、プランターの掃除や整理をしていてフッとみると、焼けた切り口跡からツクシンボウのようなアスパラべービーがニョキッと芽を出している。去年の種から発芽に比べてだいぶ太い芽である。少し細めのアスパラガスといったところか。でも今年は2年目なのでまだ収穫はできない。このまま成長に任せるしかない。
画像
肥料は特に与えていないが、たまに他の野菜と共に液肥をあげる程度である。

【2009年12月】
あれだけ緑に生い茂っていたアスパラも寒さと共に枯れてくる。そこで地上1cmくらいから鎌で枯れ枝を切り落とし冬の間の保温も兼ねて周りに敷き詰める。それとともに枝の切り口をバーナーで焼く。これは雑菌の繁殖を防ぐためだ。でも余り焼くと根が死んでしまうので注意。

【2009年10月】
とにかく茂ったアスパラは、よく見ると笹のような節があり、葉は綿毛のようにフワフワだ。暑い夏もあまり水をあげなくても枯れなかったのは、根が結構保水力があるからだそうだ。時間はかかるけど育てるのに余り手間はかからない。また剪定の必要もなく、ほったらかしだ。
画像


【2009年6月】
キュウリやトマトなど普通の野菜だけでなく、ちょっと変わったやつをと思い、ホームセンターでアスパラガスの種を購入。少し大きめのプランターに蒔いてみる。巻き方は3粒1グループで15cm間隔で3グループ。
10日程で細いながらツクシンボウのようなアスパラが生えてくる。
画像
これじゃあとても摘んで食べるのは無理である。いつものことながら後から調べてみると、何とアスパラの収穫には3年かかるとのこと 工程としては、種の植え付け年は、とにかくボウボウ成長させる。晩秋になり寒くなると地上部分は枯れて茶色くなるので、そうなったら、地上部分だけ刈り取り翌年も同じく茂らせて刈り取りを3年続ける。そして3年目の春先に出た目を食するようだ。何と気の長い・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック