落花生(ピーナッツ)の栽培 「種から」   -訳もわからず大失敗 終了-

【2010年8月中旬】
これはもうあまりにも悲劇な物語である
カミさんからもっとも期待されていたピーナッツ。日当たりのいいところに置いたらやたらとモジャモジャ生い茂り始めて、『これはいい!早く花咲かないかなぁ』『花咲いたら別のプランターに土入れて、実の受け皿作らないと』と首を長くして待つこと40日・・・一向に花が咲かない。

そんなある日テレビを見ていると豆の苗が映った。うちのと全然違う
画像
これはおかしいぞ。すると別の番組で草原で牧草を食べる牛の姿が・・・その牧草って、うちの落花生と同じじゃん そ、そ、そんなバカなぁ
豆科の植物は葉っぱが丸っぽくて、こんなに笹みたいに尖っていない。そのうちカミさん、『これって昔、駐車場の隅にモジャってた草と同じじゃん!』って、確かに
画像

あーーーー落花生の苗だと信じて多のに 本当に?マジで??
余りのことに混乱の極みに打ち込んで、それでも諦めきれずに2週間ほど、じーっと観察したけど、やっぱりこりゃあ、雑草だぁ
暑さもあって、あまりの怒りと悲しみから、遂に引っこ抜きました。

2010年のピーナッツ(落花生)は終了  プンプン



【2010年7月初旬】
前回場所移動して、日当たり特Aエリアに引っ越した落花生は、2週間ほどでグングン伸び始めた。
画像
 見た目雑草は雑草だが、ヒョロではなくモジャっとしてきている。いい傾向である。やはり今まで太陽光が足りなかったのかも知れない。これから一気に挽回してほしい。そして早く花を咲かせてほしいと願う。落花生は日当たりの良いところで育てよう!

【2010年6月中旬】
相変わらず成長が遅い。前回から20日経ったが、体長25cmでヒョロっとしている。ほとんど雑草だ。
画像
落花生は今年の期待のホープなのに、ちょっと気合い抜け いやいや、心配
とりあえず今まで若干日差しの弱い場所に置いてあったので、一番日当たりの良いポジションに移動して成長を促そう

【2010年5月末】
前回の報告から3週間経ったが、現在体長10cm。成長は非常にゆっくりだ 
画像
種は4粒3グループに蒔いたが、発芽率は今のところ50%を切っているので、なかなか難しい植物である。通常開花まで40~50日程度とのことなので、我が家の落花生は早40日でこの状態だとちょっと不安。今年の気温異常が影響しているのか?頑張れ

【2010年5月初旬】
一番芽が出たのは、植付け3週間後。1-2mm程度申し訳なさそうに土から顔を出した。でも落花生なのか雑草の芽なのかまだ判別出来ない状態である。
画像
上の写真は楊枝の頭との大きさの比較。これがどう成長するのか楽しみだ。

【2010年4月】
種はそこらで売っているピーナッツと同じである。これをやはり3粒1グループで20cm間隔に3グループ3cm程度の深さに植え付ける。
画像


落花生はあの実がどのようになるのか・・・?なんと地上で育った枝に花が咲き、そこから蔓が伸びて地面に突き刺さり、そのまま潜って地中に実を付けるのである。まさにその名「落花生」の由来である。それを知って慌てて、種まきしてから1週間経った種を掘り出して大きめのプランターに植え替えたのだが、なかなか芽が出てこない。実際1週間で掘り起こしたとき、種から芽は全く出ていなかった。
落花生は芽が出るまで水をあげなくていいので埋めてからほったらかしにしていたが、最初雨水をもろに被っていたので、雨が当たらないところに避難させてしばらく様子を見る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック