ウコンの加工 その2(乾燥法)  オススメ!

 前回粉砕した生ウコンを冷凍して保存する方法をとりましたが、生のまま粉砕するとどうしても粒が大きくなることと、切れ目を入れておいても、うちの冷蔵庫だと凍りすぎて割りにくい、等々あまり気にくわなかったので 収穫第2弾ウコンは別の方法で保存してみることにしました。
結構一般的な方法のようですが、乾燥法です。その方法は・・・

1.収穫したウコンをよく洗い、皮むき器で外皮を剥く。

2.フードプロセッサーを使ってスライスし、ウコンチップを作る。

3.金網に並べてストーブで乾燥させた後、そのまま天日干しで1日干す。
画像


4.パリパリに乾燥したウコン片をフードプロセッサーで細かく粉砕し、粉末にする。
画像


これで保存しておくと、使いたいときに簡単にスプーンで必要量を取り出せて便利 冷凍保存法よりこちらの乾燥保存法が絶対にオススメです

乾燥保存に味をしめたので、冷凍保存しているウコンも全部乾燥させて再粉砕しました。
解凍したウコンをパンに並べてストーブで乾燥させたけど、3日ほど時間がかかりました。最初からスライスした方が断然扱いやすいです。
画像


それでも全てのウコンを乾燥させて粉末にして保存 500gを超える量になったので、1年は保ちそうです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック