流行りのブロッコリースプラウト栽培

去年から5,6回チャレンジしてことごとく失敗したブロッコリースプラウトの水栽培。
専用キッチンファームプランターまで買ってトライするも、2~3日で生臭くなって、しょぼい根が生えるのみで最後は臭くて耐え切れず断念してしまうパターンが続いていました。
それが今回ちょっとした工夫で大成功したので、調子に乗ってブログにUpします。ってまた失敗したりして
さてそのちょっとした工夫というのは、キッチン用ガーゼをプランターに引くこと。どうしても水につかり過ぎ腐ってしまうのではと思いつき、先日鶏がらスープを作った時に使ったキッチンガーゼを引くことで適度な水分環境が実現出来るようです。

さぁてここから栽培記録!
<1日目>
まず準備するものは、ブロッコリースプラウトの種とキッチンプランターにガーゼと暗室を作るための段ボール箱。
画像


種に水分を吸わせるために1日水に漬けて暗室に置きます。
画像
画像


<2日目>
水に漬けておいた種をキッチンプランターの上に引いたガーゼに盛ります。今までは直接種を盛っていたので、ここがポイント!
画像

種を盛ったら、ガーゼぎりぎりに水が浸かるくらい水を入れて箱をかぶせて暗がりに置いておきます。
画像


水は朝晩入れ替えて待ちます。この続きは次回報告!

<3日目>
芽が出てきました。順調か?!
画像


<4日目>
どうも芽の出方にばらつきがある・・・これはこれまでの失敗パターンに近いので嫌な予感
画像


<6日目>
発芽のばらつきがあるまま成長したので、なんかスカスカだ それに匂いもきつくなってきた。やっぱりダメか??
画像


<9日目>
これはこれまでの失敗と同じパターン。全体に成長が見られず、斉藤さんの頭のようなまばらな育ち方。それに死臭のような臭い匂いが充満して飛び虫が集まり始める・・・これはもうだめだ
画像

今回はギブアップだね

一体何がいけなかったのかよくわからん。前回成功したときは、段ボールではなく、アルミホイルを被せていた以外に違いがない。また来週からトライしよう!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック